学校法人 朝日医療学園 朝日医療専門学校広島校(柔道整復学科・鍼灸学科)

国家試験対策

学校法人 朝日医療学園 朝日医療専門学校広島校(柔道整復学科・鍼灸学科)

朝日独自の合格プログラムを実践し、100%の合格率を目指しています。

2015年朝日の合格率

2015年朝日の合格率

国家試験対策教員からのメッセージ

  • 柔道整復学科教員 古家 陽介

    一人ひとりの学力と苦手分野を把握して、徹底した国試対策講義をしています。模擬試験後は、問題と解答をシンプルかつ分かりやすく解説することを意識して、学生たちがより深く理解できる指導を心がけています。

    柔道整復学科教員 古家 陽介
  • 鍼灸学科教員 下宮 啓佑

    一人ひとりの苦手な分野や弱点を明確にして、学習成績を綿密に分析しています。そこから、担当教科の教員協力のもと、チーム一丸の指導を心がけています。夢の実現にむけてしっかりとバックアップします!

    鍼灸学科教員 下宮 啓佑

朝日医療専門学校が国家試験に強い理由

  • 目標を見据えて早めの準備

    国家試験に合格するためには、3年間で学ぶ全てのことがとても大事です。ただ、1年次・2年次で勉強する専門基礎分野、特に『解剖学』と『生理学』の理解度が非常に重要となります。定期的な個人面談を行い、学生一人ひとりの苦手分野・科目を把握し、それぞれの到達目標を定め、早くから国家試験の本番に向けてのベースづくりを始めています。

  • 個人の学習方法と環境づくりをトータルサポート

    3年間で学ぶ範囲、全てが出題の対象になります。1年次に学んだ内容を忘れてしまう場合もあるので、まずは過去に学んだ内容の復習もしっかりと行います。
    単純な暗記だけでは「点」でしか覚えられません。点と点の関連付けに重点を置いた解説を行い、たくさんの内容を「線」で覚えられるように、理解力と長期記憶力を向上させるサポートに力を入れています。

  • きめ細かな独自の国家試験対策

    通常の講義で理解できなかった内容や疑問点をなくすために国家試験対策の専任教員が授業時間以外でも補習講義を実施しています。
    柔道整復学科では、昼間部・夜間部と時間帯を分けて定期的に行っており、国家試験の合否において重要となる「必修問題」の対策を中心に、少人数制で一人ひとりの理解度をチェックしながら行います。

  • 試験結果に応じた充実のフォロー体制

    なにかしらの理由で国家試験に合格できなかった場合、朝日では「聴講生制度」を設けてフォローしています。国家試験対策や苦手科目の講義など、昼間部・夜間部を問わず受講することができます。
    また、遠方の方などで「聴講生制度」を利用できない卒業生には、国家試験対策の教員による「通信教育」でのフォローも実施しています。

合格者からの声

  • メッセージ01

    ここにメッセージがはいりますここにメッセージが入ります。ここにメッセージが入ります。 ここにメッセージが入ります。

  • メッセージ01

    ここにメッセージがはいりますここにメッセージが入ります。ここにメッセージが入ります。 ここにメッセージが入ります。

  • メッセージ01

    ここにメッセージがはいりますここにメッセージが入ります。ここにメッセージが入ります。 ここにメッセージが入ります。