学校法人 朝日医療学園 朝日医療専門学校広島校(柔道整復学科・鍼灸学科)

柔道整復学科

学校法人 朝日医療学園 朝日医療専門学校広島校(柔道整復学科・鍼灸学科)

国家資格を取得して、様々なフィールドで活躍しよう!

柔道整復師(Judo Therapist)は、骨折・脱臼・捻挫などの損傷に対し「悲観血的療法」と
いう独特の手法によって整復や固定をし、人間の持つ自然治癒能力を最大限に発揮させる治療術。
国家資格を取得すれば、治療院の独立開業も可能!
柔道整復学科の生徒は修学後、医療の分野はもちろん、福祉・スポーツなど様々な治療分野で 需要は拡大しています。

柔道整復師になるまでのプロセス

高校卒業以上->朝日医療 柔道整復学科入学->3年間修学->朝日医療 柔道整復学科卒業->国家試験合格->国家資格柔道整復師免許取得

柔道整復学科4つの特徴

  • 臨床経験豊富で親しみやすい教員による、現場を意識した実践的な技術が学べます。

    本校には豊富な経験のある教員や、スポーツトレーナーとして今も活躍している教員などによる実技や実習がカリキュラムにたくさん組み込まれているのが大きな特徴です。
    常に学生一人ひとりとの対話を大事にしており、いつでも相談や質問に応じられるよう心がけています。

  • 万全の国家試験対策による高い国家試験合格率と 充実の就職サポートを両立。

    本校には国家試験対策の専任教員がいます。暗記だけに頼らず理解力を向上させることに注力し、定期的に行う模擬試験や普段の講義を通して、個人の学力と苦手分野を常に分析し把握するよう努めています。
    また、この分野の学校では珍しく、業界に精通した就職担当者が複数名いることで、きめ細かい『就職サポート』を行っていることも大きな特徴です。

  • スポーツトレーナー活動、スポーツ現場での活動を積極的に行っています。

    スポーツ医療分野への進路を希望する学生や、さらなる技術向上を求める意識の高い学生のために『臨床研究会=朝日トレーナーチーム』と言うクラブがあります。
    主に柔道・ラグビー・サッカー・マラソン大会などケガや障害の多いスポーツの現場へ出向き、ケガの処置や予防のテーピング、ストレッチなどを行っています。教員や卒業生のサポート役として帯同し、現場を存分に体験できることが魅力です。

  • ライフスタイルに合わせたコース選択と通学の利便性や住環境も抜群。

    広島県で唯一、柔道整復学科と鍼灸学科の両学科に「昼間部」と「夜間部」の2つのコースがあります。やる気があれば3年間で柔道整復師と鍼灸師(はり師・きゅう師)を同時に取得することも可能です。
    さらに本校は様々なエリアからの交通アクセスがよい西広島にあります。通学にとても便利で、住環境としても最適な条件にあることも大きな魅力です。

講義・カリキュラム・モデル例

1年時(土台 基礎力 人間性)

専門分野

●柔道整復 理論Ⅰ
●総合演習Ⅰ
●柔道整復学 各論Ⅰ
●柔道整復学 各論Ⅱ
●柔道整復学 各論Ⅲ
●包帯法
●柔道整復技術 実習Ⅰ
●柔道整復技術 実習Ⅱ

専門基礎分野

●解剖学Ⅰ
●生理学Ⅰ
●運動学Ⅰ

基礎分野

●人文科学Ⅰ
●自然科学Ⅰ
●外国語(英語)
●人文科学Ⅱ
●自然科学Ⅱ

2年時(応用力 実践力)

専門分野

●柔道整復 各論Ⅲ
●柔道整復 各論Ⅳ
●総合演習Ⅱ
●柔道整復実技 実習Ⅲ
●柔道整復実技 実習Ⅳ
●柔道整復実技 演習
●臨床実習

専門基礎分野

●解剖学Ⅱ
●生理学Ⅱ
●一般臨床医学
●リハビリテーション医学
●衛生学・公衆衛生学
●保健体育Ⅰ

基礎分野

●社会科学Ⅰ
●社会科学Ⅱ

3年時(総合力 国家試験対策)

専門分野

●柔道整復 理論Ⅱ
●柔道整復 理論Ⅲ
●柔道整復 各論Ⅴ
●柔道整復実技 演習
●総合演習Ⅲ
(柔整専門基礎領域)
●総合演習Ⅳ
(柔整専門領域)

専門基礎分野

●病理学概論
●外科学概論
●整形外科学
●関係法規
●保健体育Ⅱ

基礎分野

●自然科学Ⅲ

キャンパスカレンダー

4月 入学式 ガイダンス健康診断 前期授業開始
5月 スポーツ大会
6月 1期末試験
8月 夏休み(8月中旬)2期末試験
9月 前期授業終了
10月 後期授業開始 学園祭
11月 3期末試験
12月 冬休み(12月下旬〜1月3日)
2月 4期末試験 後期授業終了
3月 柔道整復師国家試験卒業式 春休み(2月下旬〜3月末)

教員からのメッセージ

  • 外山 日登志

    3年間学んでいく「土台」を作ることに取り組んでいます。

    外山 日登志

    3年間ずっと専門知識を学んでいくのは、決して簡単なことではありません。学校に来ることが楽しくないと、辛くなることもあるでしょう。私がいつも強く思っている事は、しっかり勉強し、しっかり遊ぶ。

    アルバイトもしっかりやる。友達も作り、クラスのみんなと一緒に頑張っていける環境が大事だと。そういうことを通して3年間頑張って勉強していくための土台を作って欲しいですし、私も環境作りに取り組んでいこうと思っています。

  • 山田 修平

    「社会に必要とされる柔道整復師」を目指してほしい。

    山田 修平

    柔道整復科は専門性が高く、覚えることもたくさんあります。そして資格取得後、いざ臨床の現場に出た時にそれでも勉強が足りなかったと感じる時があると思います。

    それを少しでも補うため、私は学生や卒業生を対象とした勉強会を企画したり、臨床研究のクラブ活動や学外でのトレーナー活動へ積極的に参加しています。また、担当する授業では動画や写真を多く利用し、教科書に載っていない専門的な話や実技も取り入れるよう常に工夫しようと思っています。

  • 古家 陽介

    教科書に載っていない技術も「次の世代」に伝えていきたい。

    古家 陽介

    柔道整復はとても奥の深い世界だと思います。昔は一子相伝的な面もあったのですが、今では先人たちが長い年月をかけて積み上げてきた知識・技術や伝統を、自分が学生だった時に学校の先生や先輩たちから教えてもらったように、私もしっかりと伝えて行きたいと思っています。

    中には教科書に載っていないような事もたくさんあります。私も常に勉強しながら成長し、これから入学するみなさんの力になりたいと考えています。

  • 河原 一仁

    臨床研究会など「課外活動」も利用して力をつけましょう。

    河原 一仁

    柔道整復師はコミュニケーション能力が大切だと思っています。学生生活の中では、国家資格を目指すだけでなく、より多くの現場経験や人に触れることでコミュニケーション能力もしっかりと身につけてほしいです。

    私が顧問を務める臨床研究会では、教員、卒業生、学生が共にトレーナー活動や救護活動で、様々なスポーツ大会をサポートしています。こういった場を活用し、周囲の人と積極的に関わり、力を養ってほしいと思っています。

  • 堀田 夏実

    介護現場の経験で得た知識を伝えていきたい。

    堀田 夏実

    私は朝日の卒業生で、卒業後は介護の現場で経験を積んで母校の教員になりました。そして、介護業界での柔道整復師の需要に対応できるよう、現場で役立つ知識や雰囲気を授業でしっかりと伝えていきたいです。

    また、朝日は私が学生の頃と比べて臨床や実際の診療に繋がるような授業がとても増えています。症状は人によって千差万別なので、学生の間に現場で必要なことを直接、授業やクラブ・ゼミなどで教えてくれ、場数を踏ませてもらえるというのは、とても良い経験だと思います。 

夜間部 働きながら柔道整復師、鍼灸師を目指す方、独立・開業を目指している方などはこちら